看護の仕事から転職を考える理由や原因は?転職に失敗しないための方法をご紹介!

「こんなに辛い看護の仕事はもう辞めて、転職してしまいたい。」

毎日病院で忙しく働いている看護師さんには、色々な悩みがあると思います。

体が疲れて限界を感じてきてしまったら、転職をしようという考えがつい浮かんできてしまうこともあるでしょう。

ここでは看護の仕事から転職をしようと考えている方のために、看護師に多い悩みや転職に失敗しないためのポイントまでをお伝えしていきたいと思います。

看護師からの転職を考えている方は、ぜひご覧ください。

看護師が転職を考える理由は?看護師が抱える悩みとは?

看護の仕事をしている方々は、以下のような悩みで転職を考える方が多いようです。

人間関係の悪さ

看護の仕事をしている方の多くが悩んでいる1つ目の悩みは、職場での人間関係の悪さです。

職場ではどんな相手との人間関係で悩んでいるかというのには、以下のようなものがありました。

  • 同僚や先輩看護師との人間関係
  • 上司や経営者との人間関係
  • 患者さんや患者さんの家族との人間関係

また、人間関係で悩む原因として考えられるのは次のようなことです。

  • 女性が多い職場
  • 命を預かっている仕事だからミスが許されないという緊張感やストレス
  • 仕事への価値観や看護感の違い

このように、職場の人間関係の悪さで悩んだり転職を考えたりする看護師さんが多くみられました。

残業や夜勤による精神的または肉体的な体調不良

病院で働く看護師さんは残業や夜勤を繰り返すうちに、体へ負担がかかって精神的・肉体的な体調不良になってしまうことも珍しくありません。

そのため体調を崩してしまったり、体の健康状態を維持できないことから転職を考える方もいます。

給料が安く収入が低い

看護の仕事は忙しくて大変なわりに給料が安く、収入が低いといった不満や悩みを抱えている看護師さんもいます。

せっかく自分の身を削ってまで大変な仕事を頑張っているのに、それに見合った給料や収入が得られないなんて、だんだんと仕事への意欲がなくなっていってしまいそうですよね。

給料や収入が少ないというのも転職を考える理由のようです。

看護から看護へ転職した後の看護師さんはどんなことで悩んでいる?

一方、転職後に悩んでいる看護師さんもいます。

転職後の看護師さんにはどのような悩みがあるのでしょうか?

転職後の看護師さんの悩み

  • 募集していた時の契約や条件と違う
  • 人間関係が悪い
  • 自分の能力を活かせない
  • 即戦力扱い・仕事を教えてもらえない
  • 病院の雰囲気が自分と合わない

転職先が決まった看護師さんでも、上記のような悩みを抱えています。

転職ができたからといって悩みや不満がすべて解決するわけではなく、転職後でも悩んでしまう場合がありそうですね。

転職をするならリクルートエージェント!

看護の仕事に悩み、転職を考える看護師さんもたくさんいるようですね。

そこでおすすめしたいのが、人材紹介会社のリクルートエージェントです。

リクルートエージェントとはどんなものなのか、これからご紹介していきますね。

転職支援実績No.1!リクルートエージェント

利用料金 無料
面談の対応 曜日や時間を問わずに面談可能

(事前に希望日の申し付けが必要)

特徴 リクルートエージェントだけに掲載している非公開求人数が10万件以上!

実績豊富なアドバイザーが自分の希望やスキルに沿った最適な求人を紹介

提出書類や面接対策をサポート!

(独自で分析した業界や企業情報の提供をしてくれることもある)

リクルートエージェントは、転職実績No.1の人材紹介会社です。

転職を希望する場合は各業界に流通したキャリアアドバイザーが、希望やスキルに沿った最適な求人を探し出してくれます。

仕事で忙しくてなかなか時間が取れない看護職の方でも、土日や平日の夜など、曜日や時間を問わずに面談をすることができますよ。

看護職からの転職を考えている方は、ぜひリクルートエージェントを使ってみてくださいね。

看護師が転職に失敗しないためのポイントは2つ!

では、看護の仕事から転職をする時にどのようなことに気を付ければ失敗しないのか、ポイントを3つご紹介していきますね。

事前に転職希望先の情報収集をしておく

看護の転職に失敗しないための1つ目のポイントは、事前に転職希望先の情報収集をしておくことです。

情報収集とは具体的にどんなことをすればいいのかというのは、以下のとおりです。

転職サイトを使って情報収集する

転職サイトを見てみると、転職を希望する場所の情報がたくさん載っているので転職希望先の職場の内部情報が分かりやすいです。

また、自分が仕事で忙しくても、自分の代わりに担当のアドバイザーが希望の条件に沿って転職先の求人を探してくれますよ。

転職サイトなどを活用して、より良い転職先をぜひ探してみてくださいね。

インターネットを利用して情報を仕入れる

インターネットを利用して転職希望先の情報を仕入れる方法もあります。

気になっている転職先のホームページを見てみたり、口コミや評判などを調べてみたりと、インターネットを利用することでどのような職場なのかが見えてくるかもしれません。

ある程度どんな職場なのかというのが分かってきたら、転職を希望する職場が自分の希望にきちんと沿っているかどうかも確認をしてみましょう。

気になる職場に電話で問い合わせてみる

転職を希望する職場に電話をかけて問い合わせてみるのも1つの手です。

直接自分で電話をかけることで、働いている人の対応や職場の雰囲気が分かります。

また、電話だと自分が聞きたいことや知りたいことを聞くことができるので、より気になっている職場のことを知ることができるかもしれないですよ。

求人情報で雇用条件や特徴などを細かく確認しておく

看護の転職に失敗しないための2つ目のポイントは、病院の雇用条件や特徴などを細かく確認しておくことです。

求人情報を見る時には、以下の部分にも注目をして見てみましょう。

  • 基本給や賞与などの給与
  • 希望の勤務時間や勤務体制になっているか
  • 希望に合った休日になっているかどうか
  • 福利厚生など求人側でアピールしている部分

給与・勤務時間・休日の他に、求人側ではどのようなことをアピールしているかというところにも目を向けてみてください。

もう人と接するのは嫌だ…と諦めかけている方は、下記のサイトを見ることをおすすめします。

【逃げ勝ち転職】営業以外であなたにベストな職を見つけます!

逃げることは決して悪いことではありません。ぜひ、あなたの助けになれれ幸いです。

まとめ

ここでは看護からの転職についてお伝えしてきました。

現在の職場から違う職場への転職を考えている方は、転職して上手くいくかどうか、不安や心配を抱えている方もいると思います。

どうせ転職をするのだったら、転職先ではいまの職場よりも満足できる環境で働きたいですよね。

転職を失敗しないためにも、人材紹介会社などを使いながら事前にしっかりと情報収集をして、自分に合った転職先をぜひ見つけてくださいね。